羽生Tシャツ、売り切れ続出…店頭販売に大行列

羽生選手の記念Tシャツを買い求める客で、店頭には長蛇の列ができた(11日、仙台市青葉区の「仙台三越」で)平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦選手を祝うパレードの運営費に充てる記念Tシャツの店頭販売が11日、始まった。多くのファンらが列を作り、同日分は売り切れが続出。各店舗とも再入荷し次第、販売を予定している。Tシャツは羽生選手のポーズやサインなどが描かれ、白地に紫色と水色の2種類。計8万枚が用意され、1枚2500円(税込み)で1人4枚まで購入できる。収益はパレードの運営費に充てられる。店頭販売は、仙台市内のデパートなど6店舗と東京都内にある宮城県のアンテナショップで始まった。同市青葉区の仙台三越ではこの日、午前10時の販売開始前に女性のファンを中心に約170人が列を作った。用意された1000枚のTシャツは次々と売れ、約2時間半後には完売。午前7時半から並んでいたという同区の女性は「必ず買いたいと思って早く家を出たら、一番乗りでした。Tシャツを着てパレードを見に行きたい」と喜んでいた。仙台三越ではTシャツを入荷後、14日にも再度販売を行う予定という。一方、4日から受け付けが始まっている通信販売では、Tシャツがインターネットオークションで転売される事態が起きている。販売価格の2倍となる5000円の高値で売られるケースもある。実行委員会は「まだ在庫はある。営利目的の転売などはしないでほしい」と呼びかけている。記念Tシャツは、ソチ五輪で羽生選手が金メダルを獲得した際に発売したTシャツを上回るペースで売れており、通信販売では11日現在、約4万枚の注文があった。また実行委では、パレード実施に向けて寄付も受け付けており、同日までに約1400万円集まっている。2018年04月12日10時16分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

「羽生結弦展」開幕、衣装やメダルなど200点
「羽生結弦展」開幕、衣装やメダルなど200点
羽生Tシャツ、売り切れ続出…店頭販売に大行列

インターネット懸賞情報局
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JJ2017

Author:JJ2017
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR